フクロウくんのポンコツ的生活
musisasare.exblog.jp
森のドリフター
2005年 09月 25日 |

エナガという鳥は、群れを作って採餌しながら森を渡り歩く。
尻尾が長いから、柄長(エナガ)。本当に小さな鳥。
e0029553_10174155.jpg


冬になると、シジュウカラやヤマガラと異種混合でケンカもしないで、和気あいあいと森の遊牧民をしている。

ツリリリー・・。
ニーニーニーニ。

冬の森の中で一人歩いていると、群れが近づいてくるのがすぐ分かる。
とにかく賑やか。

すぐそばで、まるで人一人など警戒するそぶりも見せずに、あちこち飛び回りご飯を食べている。

”おいしいね、おいしいね”
”さあ、ヤマガラさんもどうぞここへ”

”あそこに変な人がいるね”
”あ、ホントだ。変な人だね”

そうやって、祭りの後。彼らが去っていくと、再び冬の森。
静けさの音が僕の身を包む。

まるで楽しかった休日の終わりのように。
[PR]
by bigbirdman | 2005-09-25 10:16 | エナガ |