フクロウくんのポンコツ的生活
musisasare.exblog.jp
カテゴリ:ダメネタ( 39 )
|
|
2009年 03月 07日 |
この1週間は、ぎっくり腰で始まった。
コロコロ日替わりで天候が上下するので、それに合わせて体調も変化した。
天気と体調と言えば、僕には昔から変な体質があって、高気圧でも低気圧でも前線が通過するときに、毎回ではないけど頭痛が起きるんだ。
それに体調の悪さが重なると、わりと辛い頭痛になったりする。
この変な体質を職場の同僚に話したところ、似たような、天気の変化でどっかが痛くなったりする経験がある人って、自分以外にもいるんだなぁと知った。自分だけじゃないと知ると安心することもあり、何でも話してみるもんだなぁって、ついでに思ったりもした(^^;。

ぎっくり腰は、5年ぶりくらいかもしれない。
朝歩いていて、ゴホンと咳をしたときに”グキン!”とやってしまった。
この1ヶ月くらいビデオドラマにはまっていて、連日DVD1本2時間とか3時間くらいコタツに座りっぱなしだったので、何となく腰の具合が良くないことは自覚していたものの、まさかギックリやってしまうとは思っていなかった。今はほとんど痛みも無くなったので元気ですが、小さく驚いた出来事でした。

e0029553_10341046.jpg

マガモ
多くのカモの仲間は、羽の一部分に緑色とか青とかで、光沢のあるきれいな色をしたところがある。
翼鏡(よくきょう)というんだけど、普段は羽の畳み加減で見え隠れする。
観察をしていて、何かの拍子にその翼鏡がチラッと見えると、その美しさにドキッとする。

思えば今回のぎっくり腰は、美しくない翼鏡みたいなもの。
何かの拍子に腰痛の影がチラッと見えると、その恐ろしさにドキッとする。
人体もまた自然なり。

・・・なんちゃって、なに格好つけてんだか。こりゃダメネタですな(^^;。
[PR]
by bigbirdman | 2009-03-07 10:43 | ダメネタ |
2009年 01月 03日 |
新春漫談(フィクションあり)

新年明けまして おめでとうございまーす。(おめでとうございまーす!←よめさん)


(フクロウ以下”F”) いや~、ホンマにね、明けましたね~新年。
(ヨメさん以下”Y”) めでたいね。

F 今年は、三賀日もきっぱり晴れて、最高な年明けやね。(←なぜか関西弁)
Y 初詣もちゃんと行ったしなぁ。・・・2回も。(←釣られて関西弁)

F いやいや、あれは仕方がないやん。盛岡八幡宮だもん。それにしても午前中があんなに混むとは思わんかったなぁ!
Y せやかて、みんな並んではるの無視して、脇道から本堂に上がってゆくあんさんもどうかしてまっせ!

F いやいや、あれは仕方がないやん。混んどったから先に去年のお札だけ返そう思て脇の返却口に行ったんやから。そしたら、みんな普通に脇から本堂への階段昇ってはるから、ワシもそういうもんか思て、、ま、エレベーター方式やね。
Y 何を訳の分からんことを。

F しかし、あれやね。あの本堂ちゅうのは富士山みたいな二等辺三角形になっとって、向かって3つ、右・中・左ってお祈りする場所があるけど。・・・なんでみんな真ん中のトコで祈りたがるんやろね?
Y あ~、そうやったね。両脇だけ人の流れがね。両脇があいてるのにそっち行かんで、ずっと真ん中空くの待ってる人、結構おったね。

F あれは何やろね~。わしやったら「脇でも股でも同じやないかぇ!」言うて、ズンズン進んでパッパッとお祈りするんやけどなぁ。
Y あ~・・・、そう来るかぁ!?

F 何がやねん?
Y あんたなぁ、何ぼ脇が空いてるから言うて、そもそも脇から本堂に上がってきたもんが、ずっと長い時間掛けて並んでようやく本堂にたどり着いた人差し置いて、チャッチャとお祈り済ませるんは、ハッキシ言って問題有りやで、ホンマ。

F 横入りとちゃうねん。
Y 何がやねん!

F ドライブスルーやねん。
Y だから、何がやねん!

F 古いお札返したやろ。そしたら、次は新しいお札もらってこんといかんやろが。そんで、脇から本堂に上がったやんかぁ。そんで、上がってからお札売り場に行くのに、どうしても本堂の前通るやろ、道すがらに本堂があって、たまたまお祈りするところが空いとったから、「あ、ほな、お祈りしてこか~」ちゅうてな・・・。
Y 訳分からんわ!

F あんさんも釣られてお祈りしとったやんか!
Y ああいう風になってしもたら、どうもこうもないわ!一蓮托生やねん!

F それ、夫婦の絆やね・・・。
Y ちゃうわ!そんな絆嫌やわ!

F でも、人ちゅうのは、正直な生きもんやね。
Y 何でやねん。

F あのあとワシ、どうしても気持ち悪なってしもてん。「ちゃんと並んではる方たちに申し訳ない」いう気持ちがやね、こう、グワ~~っと湧いてきてな。。
Y ちゃうでそれ、あんた昼からただ酒飲んでばっかおったから勝手にそうなったんやろが。

F いやいや、公衆の面前でみなまで言うなや!さっきの絆はどこへ行ってん。
Y せやから、絆ちゃうねん!

F 夜になってもな、何かこう、寝付けへん。
Y 昼間っから、酒喰ろうて、酔いまくり寝まくりのせいやで・・・。

F まず聞けや、なぁ。そんでな、この純真なココロがやね、ジクジク痛んで居ても立ってもいられんようになってしもて、あの深夜の初詣アゲンに至った訳や!「ヨコシマな行いでお祈りして、神様済みませんでした。もう一回、きちんとお祈りさせてください。」そういう意味があったんやろが。せやから聞いたか?あんとき「大丈夫、ええよ、ええよ」って神様が言うてはったのんを。神殿の屋根の上に向かって、境内から線香みたいなのの煙で「煙い煙い」言うて、夜なのに上空をオオタカくんが飛んどったのがその証拠や。
Y 何言うてんねん。頭おかしいんちゃうか、知らんわそんなん。あんな夜更けに疲れたわ、ホンマ。もういい加減にしてや~。

F 何でやねん。あんさんも喜んで着いて来はったやろが。帰りの大通りで、裏路地近道して帰ろか思うたら、「あ~、あっちの繁華街の方に行きたいわぁ♪」なんて言うてから!
Y そしたら、行きつけの韓国料理屋さん閉まっとった。

F 当たり前やろ、正月ナイトやで!
Y 正月ナイトって何やねん。それにしてもなぁ、”全州”でナスの入った炒め物食べたかったわぁ。どこもかしこも謹賀新年やったしな。

F 当たり前やん、正月モードやで。
Y 正月モードって何やねん。

F 閉まっとったいえば、一箇所だけ空いとったな。
Y あれか。

F そうそう、あの喫茶店。入ったらな・・・。
Y お店のスタッフが新年会やっとってん。

F 「あ、すいません、もう終わりましたぁ」とか言うてな。あれ、カッコ悪う~やったな・・・。
Y 表の看板消しとけちゅうねん!

F せやで、ホンマに。もう少しで常連客の振りするトコやったわ。
Y それ、意味無いから!

F いや~、それにしても始まりましたな、今年も。
Y まとまらんまとめに入ったな。

F ホンマにね、こんなブログやけどな、3年も続けると愛着湧いてくるしね。
Y ワシのミクシイもそうや。

F あんたのミクシイ、2ヶ月も更新しとらんやんか!
Y アホ、ココロで通じあっとんねん!

F 何言うとんねや。常連のローちゃん、更新してへんのに毎日見に来て可哀相やろが。
Y やから、ココロで通じあっとんねん!

F ホンマかい、何でやねん。ローちゃん、あしあとばっかり残して、犯罪者みたいやないか!
Y 何で正月から犯罪者の話しになるのん、アンタは?

F ワシ、犯罪者やねん・・・。
Y 何やねん、藪から棒に。。さっき、まとめに入ったやろが。

F ワシ、やってしもてん・・・。
Y 何をやってしもたんや?

F 言うてええか?
Y はよ言うてえや!

F 凛とした正月にワシ、うNこ漏らしてしもてん。
Y ぎゃあ、ばっちいなぁ!!こんなん、うちの夫とちゃうわ、ホンマ。うわぁ、やめてぇな!

F 久しぶりやわ、ホンマ。。
Y 久しぶりて・・・、久しぶりでも近すぎるわ!

F 年越しに食ったはらこメシがアメとってん。。
Y あめてるって、東北弁やけどな。

F ええねん、どうせ勢いの関西弁やねん。そんでな、アメかけが旨いねんはらこメシ。トロ~っとしててな。・・・ほんで調子に乗って、どんぶり2杯食ったのが悪夢の始まりやってん。
Y 飲むとあんた、ようけ食いますもんな。

F 明け方やった、あれは・・・。
Y アホやなぁ。我慢しとったんやね。

F アホて何やねん!超特急やったんや!・・・久しぶりに自分でパンツ洗ろたわ。
Y もう後始末の話かい!お母はんも、実家で息子がそんなことするなんて、思いもせんかったやろ。しっかし、何ちゅう正月やねん。

F いや、おかんもな。バBA漏らしたことある言うてな。・・・同情しとったわ。「シーツは無事か?」なんて言うたくらいにして。・・・幸いシーツは無事やったけど。
Y ホンマかい!

F いや、ホンマやて。あんたがグーグー寝とる間にそういうドラマがあったっちゅうこっちゃ。
Y あんた、正月早々ワシの横でそんなことしとったんかいな。ドラマちゃう、トラウマになるわ!

F 明日は我が身やで。
Y 何でやねん!ワタクシはおならもよう出さん上品な体なんや!

F ま、正月早々、そういうめでたいこともあったっちゅう話やねん。
Y ・・・分かったで!ウンが付くっちゅうこっちゃな。

F まぁ、臭いけどな。
Y ほな、今年も良い年になりそうやね。

F 臭いけどな。
Y 分かったちゅうねん。

F やっぱりまとまらんかったな。
Y 誰も期待してないわ。

F&Y
そんなわけで、今年もよろしくお願いしまーす!


special thanks
[PR]
by bigbirdman | 2009-01-03 17:54 | ダメネタ |
2008年 12月 29日 |
ようやく年賀状を出し終わり、新年の準備にもめどが付きました。。
それにしても、、何で毎年の仕事なのに毎年同じようにバタバタしちゃうのか、トホホです。

今年の年末は、忘年会への御呼ばれが多かったから、マイレバーも疲弊気味のようで、年越し準備みたいな、ここぞいう瞬発力のエネルギー仕事が出来なくて、よめさんに迷惑を掛けてしまいました。・・・まぁ、こういう年もあるということで。。

ちょっと早いのですが、年越しは盛岡なので、ブログは今日で終了です。今年もみなさま、こんな拙いブログにご訪問頂きありがとうございました。

みなさまの来年一年が充実した一年となりますようお祈り申し上げます。


それではこれから出発します。道が凍ってなければよいのですが(^^;。
新年は3日ころからスタートしまーす。
[PR]
by bigbirdman | 2008-12-29 14:50 | ダメネタ |
2008年 01月 17日 |
実は最近、職場の上司と折り合いがつかない。
久しぶりにそういう状況になり、自分に対して戸惑っている。

人を嫌うことって、なんて簡単で楽なんだろう。
こらえ性が無いこともあり、家に帰ってきていつも愚痴をこぼす。
人のことを悪くいうのも、なんとも簡単で爽快なものだ。

楽であったり、爽快であったりすることに、僕はいつも引かれてゆく。
それが直接、何の解決に繋がらないと分かっていても。
自分が不都合を感じている事柄や人物に対して、非難したい気分を抱くのは当然のことだ。
それを止めようとは思わない。そういう相手は、自分から見て絶対に悪いんだから。
悪いものを悪いといって気が済んでいるうちは、そうすればいいと思っている。




人を悪く言う心理には、背景に自分を分かってもらいたいという希望が潜んでいる。
そんなのだれでも知っていること。
ただ、自分にそれを伝えるだけの能力が無いから、そのことは見ない振りをして、ただ相手を悪く言う。自分を高めるための仕事や生活をしていないから、同じように相手を引きずりおろそうとして、直接傷つけるような言葉を考える。

ただ、僕の一点の救いは、この点において絶対そこまで下卑たまねだけはしないって、決めていること。だから、もしそうしてしまいそうな心理状態になったら、残念だけど仕事辞めて、僕はそこから去ってゆくと思う。食付いてでも稼がにゃいかんのだけど、多分(直接)人を傷つけてまでやってゆくだけの逞しさが僕には無いだろう。
そんな感じで、お願いだからそういう状況にだけはしないで(ならないで)欲しいと、思っているけれど、人のココロは本じゃない。
目に見ようが無いので相手の今の気持ちはどうなんだろう・・・、そういう嫌な勘ぐり気分で最近は仕事をしているときが多い。
内向的に行き過ぎて、自分を苦しめているなぁと客観的には自己観察しているつもりではありますが。

先日の東京出張の際、新幹線に乗るまでの道中で、後輩達と楽しく談笑していたのに、ふと精神的に調子を崩してしまった。眠った振りをして後輩達には心配させないように勤めたけれど、小さな混乱状態になっていた。
正しい分析など自分では出来ようも無いけれど、恐らく住み慣れた環境から離れ、ほんの数日間でさえ出張先で生活することが、精神的に負担になっていたのだと思う。

「あ~、自分はこんなに今の仕事(というか上司だと思いますが)嫌だったのね・・・」

他にどうやって生活してゆこうなんてこたぁ特に具体性も無いくせに、ただキライというネガティブな感情に敏感になってしまったこの身の不幸を思った・・・。

人生には乗り越えなくてはならない壁がある。でも率直に言って、自分としては今まで越えてきた部分でもう十分、たくさんだ。人にはキャパがあるんだから、オレにはもう来んなコノヤロ!って感じなのです。全然人より苦労していませんけど。
正直、人を受け入れるなんて、実は自分の大いなる英知的な誤解に過ぎないとも思うことがあるのですが、僕の場合、結局人の好き嫌いについては、ある嫌いな人に、「それでも好きなところがひとつでもあれば大丈夫!」と思えるかどうかが分かれ目になるのです。ただ、ビジネスライクに、中途半端には人を好きになれない性分なので、これまで自分の近くで仕事をしてきた人たちは、誇張ではなく本当に好きになってきました。
・・・ただ、ある種の性格の人物像を除いて。



フクロウがどうしても受け入れられない人物像
それは、極端に人を寄せ付けない人
(挨拶が出来ない)
それは、自分の中に”ものごとは、こうあるべき”というスタイルが極端に出来上がっている人
(人にモノを教えられない)
それは、自分の言っていることが受け入れられないと、徹底的にその対象をこき下ろさないと気がすまない人
(本当は心配で仕方が無い)

括弧内はさておき、これらひっくるめて、一般的には”傲慢な人”と言えるかと思います。
でも実際、これらはすべて僕にも当てはまります。
ただし、この職場では今まで、二人ほどそういう人物と仕事をしてきたことがあるのですが、その二人の共通点、そして当然フクロウには共通していない点として、

ココロの中で思っているだけに留まらず(僕は留まっている)、それを実践してしまう強さ、または無神経さが彼らにはあるのです。

僕はこれが、本当に苦手です。
これと組んで仕事をすると、大抵ろくなことがありません。

例えば・・・

上司「何で、この(家庭)環境でこういう援助方針なの?」
自分「え?どうしてダメなんですか?」

上司「そうじゃなくてぇ、どうしてこういう方針なの!?」
自分「これは、こうこうだから、こうしたほうがいいと思って・・・」

上司「・・・(呆れた様子)」
自分(呆れてねえで何か言えよ、コノヤロ!)

上司「ここは、契約内容をこうしてこうすれば?」
自分「??(説明の省略が多くて何言っているかが分からない)」←要するにおバカ

上司「・・・」
僚友「それは、あんまり聞かないやり方じゃないですか?」

上司「とにかく、これじゃ全くダメだと思わない?」
自分「・・・(何を言われて、何がダメだと言われたのか分からない)」

要するに、自分のこう在るべきというスタンスが多分あるんだけど、それを具体的には明示しないずるさがある。質問だけして自分の意見を説明しない怠け。都合よく自分に甘い節があるんだ。
だから、相手は一対一での意見のぶつかり合いを避けて面倒を回避していて、おバカなこっちは一方的に不安になるように錯覚させるテクニックを使ってくる。
(これって、ちょっと怖いセールストークなんかでも使われる常套手段に通じるもので、一時的に思考停止状態になってしまって、直面すると意外と怖い話術なんです。)


まぁ結局、こういう建設性・発展性の無い人間関係に、大変虚無的になってしまう自分なのです。
ですが、僕もここでもっと突っ込んでゆけない弱さがあります。
自分が傷つきたくない気持ちの人一倍強いせいがあり、こういうのは結局自分で招いている関係性なので、やっぱり本当はもっと食付いて乗り越えてゆかなくてはいけない壁なんでしょうね。

ただ、僕はできればそういうドロドロした関係にはしたくない。
よしんば僕が突っ込んでいったとしても、そこでこじれてしまったときに、それを修復させるだけの度量が恐らくこの種の人間には無い、と僕は思っている。
結局、僕がそれだけこのタイプを信用していない。

一番素直に考えれば、そこら辺が原因だと言うことも分かっているんですが、なかなかガップリ組んでゆけない、実践できない自分の弱さかな。

でも・・・弱さだって、克服しない意志があればスタイルになるとも思うのですよねぇ(笑)。




進行中の関係性なので、結論の出しようが無くて恐縮です。
そういう悩みを抱えながら仕事をしております。

また何かあればネタにしたいと思います。
でも、しないかもしれません(^^;。
[PR]
by bigbirdman | 2008-01-17 00:49 | ダメネタ |
2007年 08月 21日 |
昔、奈良県に旅行に行ったとき、今で言うワークマンのような建設業の作業服を、自営で卸売りをしていたおっさんがいて、僕と親友二人の三人が地元(奈良)の屋台飲み屋で知り合いになった。

「おい!わしは年商1億3千万円や!」
「すげ~!・・・ビール飲んで良いですか?」
「(ど突かれてバシッ!)当たり前やん!1億円よ。お前も男やったら、一気飲みせんか~い!」

結局、僕たち三人はスナックに行ったり、夜更けまで飲みに付き合わされて、最後にはそのおっさんの一億円工場(こうば)の事務室で雑魚寝をした。けれど、あんなに夜はイケイケでぶっ飛んでいて、浴びるほど酒を飲ませてくれたおっさんが、朝起きたときに、寂しい経営者の顔になってしまっていたのが、静かなショックだった。

梅干のような小さな目をシパシパさせて、「何か食うかぁ~?」って朝ごはんの心配をしてくれたんだけど、僕たちは反対におっさんの先行きを心配していた。
がらんとした小さな工場も、人気(ひとけ)がまったく無くて、何だか寂しくらい広々と見えた。

店の棚には、まだ新品の作業服がサイズも色もたくさんビニールに包装されたままで積まれていた。
「お前ら、着るもん無かったらそこの棚の服、好きなの持っていったら良いでぇ(笑)。どうせ差し押さえでみんな持っていかれるんや。。」
・・・そのおっさんは、自己破産申請中で、とっくにお店も潰れていた。

・・・どうして、このエピソードを書いたのか分りません。
でも、当時大学生だった僕にとって、自己破産という言葉の響きが、今僕が理解しているその言葉のイメージより、もっと深刻で先行き真っ暗なものであったことは事実です。

「若いときは、若いときで大変やけど、思い切って行っとけ!」
そのおっさんは、こう言いました。
そして、それは間違いなく真実だと、僕は思う。

でも僕は、そうやって生きれない。
そのときだって、あのおっさんが、ドンと度胸一つで会社を興した自分のことを、明け透けに話してくれればますます、おっさんが言う生き方を自分には出来ないものだと思い込んでしまう自分がいた。

e0029553_23535114.jpg


足首にアンカーが付いていて、まるで動きが制限されているんじゃないかと思うくらい、僕は自分の生きかたに滑稽さや窮屈さを感じることが多い。昔から自意識が強すぎるので、どうしてもコレで良いとはならない。損な性格とも言えますが・・・(^^;。



それほど多くない旅の思い出として、僕は出会った人たちのことを、意外と細かく記憶している。
特に破綻した人や、とんでもなく変質的な人物のことは、会話の中でどのような目の動きをしたかまで覚えていることもある。
そして、そういう人たちの冒険談や変態談を聞き、いつかそんな風に大きく、ときには危険に(笑)、生きている男になっている自分を空想する。

そんな僕にも、何度かそうなれるチャンスはあったんだけど、その度に親や親戚の反対の言葉を突き破ることが出来なくて、そこで立ち止まって引き返してしまった。それは、周りのせいじゃなくて、コントじゃないけど、本当は引き止めて欲しかったから、引き止められたんだと思う。

大人になってくると、本当に自分が望んだ選択では無くても、あとから今の自分を正当化しなくてはならない。尤も、そういう風に今の自分が本当の自分じゃないって思い込んでいる時点で、僕には本当の自分になれる素養が無いんだろう。
ひょっとすると、ポンと飛び出す勇気を忘れて生まれてきたのかも知れない・・・。



あ~だめだ。なんか暗くなってきた(笑)。
暗い旅の思い出でしたね・・・とほほ。

次は明るいものにしますね。
[PR]
by bigbirdman | 2007-08-21 00:01 | ダメネタ |
2007年 07月 11日 |
昨日の夜、40度近く熱が出たため、初めて夜間救急に行った。
ここまで高熱は久しぶりで、歩いていると心臓の拍動に併せて視界が揺れた。

現在は薬が効いているのか、平熱に落ち着いている。
どうやらヨーレン菌というウイルスによる喉の炎症が原因の風邪らしい。
(よめさんの風邪での医師の検査でヨーレン菌が出たので、多分それと同じウイルスでしょうとのことだった)

僕は熱と頭痛以外は特に症状が無かったけれど、よめの場合はそれに加えて咳がひどいという風に、人によって症状に差があるみたい。最近疲れ気味だったので、そこに一気に風邪のウイルスが体に廻ってしまったんだと思う。

うちは、滅多に病院には行かず多少の風邪は寝て治したり、しょうが大根湯とか、食養で治そうとしてしまう。今回も最初によめさんが罹って、2~3日はそうやって治そうとしていたんだけど、だんだんひどくなっていった。1週間近く経って漸く医者に行ったら、ヨーレンという変な名前のウイルスの風邪だったという顛末です。

そこの医者も漢方に造詣が深い方で、僕たちの好きな先生なのですが、風邪の初期症状ではほとんど病院にいくことが無い二人なので、病院に行ったときは結構重い症状になっているのです。薬に対して抵抗があるので、抗生物質にしても、不要なときは飲まないで済ませたいと思っているから、医師の処方中心の現代医療にも抵抗があります。そんな風にいきがって生活していると、今回のように症状を悪化させる結果にもなってしまう(^^;。
上手な病院との付き合い方を、これから考えてゆかなくては行けませんな。


e0029553_21491079.jpg



日中、布団を並べてゲホゲホさせながら二人して寝込んでいると、何とも侘しい気持ちになってきました。

「あたしたち、ヨーレン夫婦だね・・・ゲホ」

「そうか。・・・そういうの、新しいね。」


(こんなわけで、子供クラブの手伝いも、今回また流れていきました・・・)
[PR]
by bigbirdman | 2007-07-11 21:49 | ダメネタ |
2007年 07月 04日 |
家は古い家なので、電気のブレーカーが落ちることがよくあります(--)。

そんで、ブレーカーが落ちるときは、「バン!」って音がします。
あれ、何でバンって音がするんだろう?
ハリセンでぶっ叩いたような音がする。

先日も、その音がして台所の電気が止まった。
普段使っている電気製品に加えて、オーブンレンジとトースターを使ったらそうなった。
止まった後、イヤ~な焦げ臭い臭いが台所に立ち込めた。

見ると、冷蔵庫とオーブンレンジの電子表示が真っ暗になっていた。

「あのねえ、オーブンとかドライヤーは熱が強いから、すごく電気食うんだよ!電気ショートしやすいんだから気をつけないとダメじゃん!!」

見ると、コンセントのマルチタップがショートした影響で焦げて断線していた。

「ほらぁ、もし床が濡れていたら、漏電しておっきな火事になっていたかもしれないんだぞ!」

よめさんは半べそかいていた。
ちょっと可哀相だったけど、よめさんは電気とか理科関係が不得意分野で、知らないと本当に危ないことなので(ちょっとイジワル心もあったか・・・)、わざと必要以上に強く注意した。

っていうか、電子表示が真っ黒になった時点で、「嗚呼、終わったな・・・」と僕も思い込んでいたので、新しい冷蔵庫やオーブンや電気釜をまた買わなきゃならない現実に直面して、感情的になっていたことも事実・・・。ボーナスも車検代で消える予定なのにさらにこんな出費が増えてしまって「何と言うことだ!!」という気持ちが先に立った分だけ、よめさんに辛く当ってしまったのです・・・。

で、事の顛末はと言いますと。
結局、今回壊れたのはマルチタップ(コンセント)だけでした(ホッ)。
新しいタップを取り付けて、念のため翌日に電力会社の人に来てもらって、診断してもらっても「大丈夫でしょう!」ということだった。

それにしても、後から思うに、今回はいろんなことを考えてしまいました。
自分的に、一番ダメだな~って思ったのが、やっぱりよめさんにきつく当たってしまった事。
こういうときに、人のなりが出てしまうんだと思った。



話し変わって・・・。

e0029553_2251258.jpg


我が家で初めての生地から作った自家製のピザです・・・一応。
丸く生地を広げるのが難しく、長四角のピザなところがミソ(?)。
オーブンが壊れなかったので、ピザにありつけたっちゅーわけです(笑)。



なんだかなぁ。
毎日失敗したり、新しいことをしてみたり、怒ったり怒られたりの生活ですだ。
[PR]
by bigbirdman | 2007-07-04 22:29 | ダメネタ |
2007年 04月 23日 |
本屋の前で車を停めたら、横に停めていた車から女の人が出てきた。

「お、良い女(^^)!」と僕。

「ん・・・?」
と、よめさんは怪訝そうな顔つきをした。




よく見たら男だった。・・・ショックだった。
今日はダブルショックな一日でした。

春先は目がおかしくなるみたいです・・・。
[PR]
by bigbirdman | 2007-04-23 00:47 | ダメネタ |
2007年 04月 22日 |
出勤前の出来事

うちの車庫は縦長なので、後ろに停めた車が先に外出する際は、当然前の車を動かさないといけない。よめさんはパートのヘルパーさんなので、出勤時間が日によってまちまちだけど、まず大抵の日は8時ちょっと過ぎに家を出る。

今朝はよめさんが仕事で、僕の車を先に出さなくちゃいけい。
僕はまだ頭が寝ていたため、よめさんの車が出て行ったあと、また車を戻そうと車庫入れをしてたら、ガリガリ!っとやってしまいました。左の後ろ側だった。
「あーあ・・・」

「もう狭い車庫はいややーー!」


夕べからずっと降り注いでいる雨で、サイドミラーも雨滴にくもっていたせいもある。
目が霞んできちんとミラーを見れなかった。
起きてから2・3分だったから、起きがけでぼんやりしていたせいもある。(←コレが一番。)

自分の行動パターンのちょっとした違いが、ありえない結果に結びつく。
・・・なんちゃって、傷が多い車には違いないんですが。





こういうショックはあとから効いてくる・・・
[PR]
by bigbirdman | 2007-04-22 09:01 | ダメネタ |
2007年 03月 08日 |
タグって、20個しか表示されないんですね・・・。
先週、気が付いた。
う~ん自分も、かな~りのんびり屋だ。
写真撮ってる割には(タグが)何となく増えないな、とは思っていたんだけど。


というわけで、今のタグをカテゴリに移動しなくちゃ。・・・がっくし(^^;。

そういえば、鳥のブログをやっている方は種毎にカテゴリを立ててますもんね。
そういうことは失敗しないと気が付かない、学習能力の無いフクロウです♪

でもさぁ・・・
[PR]
by bigbirdman | 2007-03-08 22:03 | ダメネタ |