フクロウくんのポンコツ的生活
musisasare.exblog.jp
<   2005年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 09月 28日 |
岩手県、方言講座

e0029553_22193965.gif


およばねえ(oyobanee)

(意味)

もうダメだよーって感じ。

ついていけないなーというニュアンスがある。

否定的な意味あいがある。

(用例)

”おめーまたかよー。”
およばねーなー。”

e0029553_22185825.gif


(気分)

シリアスに突き放された感じがして、沈む。

(由来)

言い回しの問題なので、特に無いと思う。
[PR]
2005年 09月 28日 |
この今日の秋夜空を、間違いなく小さな小鳥たちが南へと飛んでいる。

そのことが分かるようになってから、独りでいることの意味が変わってきた。

人それぞれのいろんな独り。

だけど僕たちは独りじゃない。

だって秋の夜空は、賑わいに満ちている。

e0029553_095356.gif

[PR]
2005年 09月 27日 |
TOMさんから、メガネの修理したのが届いた。
不在だったので夕方、郵便局に取りに行こう!

嬉しい出会いに感謝。
そして暖かい思いやりに。
TOMさんprimaさん、有難うございました!!
[PR]
2005年 09月 27日 |
カードが戻った。
銀行に行って、免許証見せて、
”はい、どーぞ”

ブログのネタになるようなこともなくタンタンと。

なんかつまらなかった。
[PR]
2005年 09月 27日 |
先日、居酒屋で友人と飲みながら、運転代行業の話をした。
あれは、大変な仕事ですな。


内容の抜粋
”運転代行の人って、どのくらいこのお客さんは酔っ払っているのか、しっかり確かめてるよねー。” 
”あー、わかるわかる。”

ケース1
”毎度ー、OO代行ですー。”
”あ、ろーもー!”(ここでアウトだよね。呂律がね。)
ケース2
”どちらまで帰りますか?”
”家までーなんつってー、がははーちょっと待ってねー、、あー、えー・・・とね。OO町までー!”
(あんまり馴れ馴れしいと嫌だよね。自分のうちがすぐ思い出せないのも分かるけどダメ)
ケース3
”・・・どんな車ですかぁ?”
”いや、たいした車じゃないよぉ。ナンバーはねぇ、・・・ありゃ!ど忘れしちゃったよママ、がははー!”(ママに振っちゃダメだよね。ママはさ、飲んだら早く帰って欲しいんだよ。代行さんってこんなんで、よく車分かるよね。。)



その他、酔いが進んで現れる傾向として(引き続き架空の話ですいません。。あくまで飲み屋での戯言です(^^;)

ケース 4
キーがすぐ出てこない。(間が嫌がられる)

ケース 5
車を止めている場所を、間違って教えて取りに行かせる。
(これ、代行さんからお店に確認の電話が掛かって来るから迷惑なんだよね)

ケース 6
車がお店に着いても、まだ飲んでいる。
(これはマナー違反だなぁ。もうだめだー)

僕んとこみたいな田舎町だと、代行さんのブラックリストに載っていると思う。
適度に飲みたいものです。

(僕達、思い当たる節があること明白なので、お互いに指摘し合わないようにしてました。。今回のタイトルですね。)

内輪ネタであれなんですけど、結構盛り上がったんで、ちょっとブログに載せてみました。。
[PR]
2005年 09月 25日 |
昨日は、お彼岸の墓参りだった。
うちの墓に眠っているのは、僕が8歳の時に死んだ父と去年96歳で死んだ父の実母。
父が死んだ時、母が自分の故郷に墓を作ったので、祖母の骨は分骨している。(そして、祖母は後妻さんだった)
ひょんなことから僕が、その土地で世帯を持ったから今は墓守だ。

墓守は考える。分かりもしないけど、人生とか人の業とか。

墓って不思議なものだ。
何とも不思議だ。

e0029553_23335961.jpg


今回の墓参りで、飾った花たち。
サルスベリー、アカマンマー、未知の花。
全部、庭で採った。

奔放で博愛主義者だった親父に、野生の献花はふさわしいような気がした。
僕との8年の生活。
一緒に笑った思い出。
殴られた思い出。
悲しみの刷り込み。
優しさの共有。

僕は20代の後半の頃、親父に生きていてほしかったなって思ったことが何度かあった。
ホント人格形成って行き当たりばったりだとおもう(^^;。
親子って、不思議だ。
[PR]
2005年 09月 25日 |

エナガという鳥は、群れを作って採餌しながら森を渡り歩く。
尻尾が長いから、柄長(エナガ)。本当に小さな鳥。
e0029553_10174155.jpg


冬になると、シジュウカラやヤマガラと異種混合でケンカもしないで、和気あいあいと森の遊牧民をしている。

ツリリリー・・。
ニーニーニーニ。

冬の森の中で一人歩いていると、群れが近づいてくるのがすぐ分かる。
とにかく賑やか。

すぐそばで、まるで人一人など警戒するそぶりも見せずに、あちこち飛び回りご飯を食べている。

”おいしいね、おいしいね”
”さあ、ヤマガラさんもどうぞここへ”

”あそこに変な人がいるね”
”あ、ホントだ。変な人だね”

そうやって、祭りの後。彼らが去っていくと、再び冬の森。
静けさの音が僕の身を包む。

まるで楽しかった休日の終わりのように。
[PR]
by bigbirdman | 2005-09-25 10:16 | エナガ |
2005年 09月 24日 |
昨日、買い物をして帰りに銀行でお金を下ろした時、
残高明細の紙切れとカードを取り違えてゴミ箱に捨ててしまった。鍵の掛かっているゴミ箱だったんで出せないよー(ToT)。

こんな人いるかなぁ、もう!
祝日だったんでセコムの人が来てくれて、10分くらいで取り出してくれるはずだったんだけど、やっぱり、ゴミ箱の鍵が無いっていうことになって結局次の営業日(月曜)に取りに行くことになった。

”あーあ、ボケボケだなぁ・・・”
つぶやいた空は、もう秋晴れだった。

e0029553_23161117.jpg


いいんだけど、セコムの人ってどうしていつも重装備なんだろう。。
防弾チョッキはいいけど、あのヘルメットと警棒って威圧感ありすぎてちょこっとかなり怖い。

なんぼ仕事でも、これはちょっとボケボケ迷惑過ぎたんで、いつブッ叩かれるかと・・・。
でも、助けに来てくれてありがとうございました!
すごく感じの良い人でした(服装以外は)。
[PR]
2005年 09月 24日 |
岩手県、方言講座。

まっきる(makkiru)

(意味)

きりきり舞いしている感じ。
もういっぱいいっぱいで、他のことに手が付かない様子。
とにかく大変な感じ。

(用例)

おー、忙しそうだね。まっきってだなぁ?


e0029553_23542770.jpg

(気分)

忙しいときに限って、冷やかし半分で言われることがあるので、むっとする

(由来)

諸説あるが、その筋の情報では・・・
時計のゼンマイを巻いて巻いて、巻きすぎると最後にぷっつんしちゃうときの様子から。



思いついたら随時更新予定
[PR]
2005年 09月 23日 |
近所の川へ散歩に行く。
台風のせいか、むっとする空気だった。
e0029553_19195554.jpg

河口に近いので、川幅が狭いけど水はゆっくりと流れてゆく。
気の早い鮭が、お先にと産卵を済ませたのか。腹を上に向けてゆっくりと河口へ流れていった。

e0029553_19202399.jpg

この花↑、名前が分かりません(^^;。どなたかご存知でしたらお教えください。
僕は、植物の名前を覚えるのが本当に苦手で、大学の時に林学科だったんですけど、植物実習クラスで僕一人だけ単位を落としたという輝かしい実績があります。。みんなから何回も教えてもらったんですけど、酒の飲みすぎで記憶力が、あしたのジョーのカルロス・リベラだったんです。

e0029553_19193693.jpg

これは、タンポポ(当たり前やん!)。
カントウタンポポで、外来種のセイヨウタンポポに押されて減少中だそうです。
頑張れ!この2枚みたいに虫に食われたりして、いびつなところになんか魅かれるんです。

e0029553_19195337.jpg

チカラシバ。パワーと破壊の神の化身(なんつって)。
この草の名前を教えてくれた人も、もう立派なお母さんです。

e0029553_19201814.jpg

今年のお米は良かったんじゃないかなー(^^)。
こんな感じです。この近隣のタンボではもう刈取りを済ませた方もいるようです。

e0029553_19221166.jpg


そして、河口へ至ります。
ここが、僕の愛すべきネイチャーフィールドなんです。
[PR]