フクロウくんのポンコツ的生活
musisasare.exblog.jp
<   2006年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 06月 29日 |
イスラエルの鳥博士は、今日次の訪問地であるタヒチへと飛んだ。
最後に、地元の魚市場で朝食を食べてみんな笑ってさようならをした。

最後まで、笑いのキーワードは、まんぼうだった。
・・・市場のマスコットキャラクターが、まんぼうだったから(^^;。
e0029553_2313177.jpg
電車に乗ったところで、グッときたけどみんな笑ってさようならをした。
通訳さんだけ泣いていたかな。

金曜日に出会って、一週間弱のお付き合い。
鳥で繋がった、不思議な縁だった。

まんぼう事件では、一瞬気まずくなったけど、世界のあちこちで旅をしている男は、どこか突き抜けたところがあって、アジアンテースト(?)を愉しんでいるナイスな男だった。

昨日の夜。地元の友達を集めて、さよならディナーをした。
どういう訳か、女性の友達ばかり集まったから、僕と博士は大喜びで会話も弾んだ。

「実は、僕は男が一番嫌いなんだ。」
「あ、ホント?僕も!]
何て、冗談言ったりした。

ご飯の後、ホテルのラウンジで、コーヒーを飲みながらみんなが名残惜しくて、11時を過ぎてもまだおしゃべりしていた(^^;。

博士は、今度出す本の最終稿の手直しが急きょ入ってしまったため、最後の2日間はホテルに缶詰状態だった。


電車まで見送りに行って、シートに荷物を置いたとき、
「君はどこまで行くの?」
て聞かれたから、僕は
「うん、ちょっとタヒチまで・・」
って答えたら、また大笑いになって、周りの目がちょっとだけ恥ずかしかった。

どんな出会いにも別れがある。
でも、大人は次の出会いを信じて笑ってさようならをするものだ(^^;。

博士は、2日間の缶詰で疲れ果てたのか、この電車の中ではすっかり寝てしまったとのことで、通訳さんが、写真メールを送ってくれた(笑)。
e0029553_2159255.jpg
旅を続ける人は、どうしてこうも魅力に溢れているのだろう?
鳥の研究というククリで、あの船の中で、僕は博士の後ろ姿を見ながら何かを貰ったのだろう。
ひとつのものに熱中すること。
全てをある一点に集約すること。
そういう生き方ができるのだったら、
人生って、そう複雑なものでもないような気がした。

More
[PR]
2006年 06月 29日 |
e0029553_15233858.jpg

きーもーちーいー!
[PR]
by bigbirdman | 2006-06-29 13:00 |
2006年 06月 29日 |
e0029553_9304761.jpg

夏色の山が海を彩って
青い空
[PR]
by bigbirdman | 2006-06-29 09:30 |
2006年 06月 28日 |
夜明けの海を突っ走った。
e0029553_7225188.jpg

e0029553_7234991.jpg


ピンクに染まる朝焼けの空(のピンボケ写真)!
だって、船が動いてるんだもん。

今日の朝日を ドゾ!
[PR]
by bigbirdman | 2006-06-28 07:25 | 小旅行 |
2006年 06月 26日 |
e0029553_23544812.jpg

庭の隅っこに植えてあるから、いつの間にか咲いているんだ。
[PR]
2006年 06月 25日 |
e0029553_22592491.jpg
出発は、7:50。快晴だった。
漁港には知り合いのヨットマンが偶然居合わせていて、5人くらいの人に見送られた。
「気をつけて行ってこいよ~」
「生きて帰ってきてね~!」

「当たり前だ(^^;!」

結局、移動距離の長さと積載量の都合で、イスラエルから来たH博士、地元の有識者Sさん、フクロウ、そして船頭さんの4人で沖に出た。(カメラ機材をそれぞれが持ち込んだため、荷物が結構あったから)。よめさんと通訳のKちゃんは、このあとそのヨットマンさんたちのご好意で内湾をクルーズして、バカンスして、イエイ♪だったらしい。何て奴らだ!羨ましい。。

船は、外洋目指して快調に進んだ。養殖のブイ(黒とかオレンジの ボール型の浮き)を傍目にひたすら沖を目指して進んでゆく。僕が通訳代わりだったんで(爆)、少し緊張していた。前日のお酒が少しだけ残っていたので、幸い気楽な心持ちが続いていたのかもしれない。
同行したSさんは、長年三陸の海鳥・山鳥を観察し続けてきた、沿岸きっての知識人の方。僕もお会いするたびに様々な情報を教えていただくのだが、多すぎて憶えきれない(ダメじゃん)。このSさんが今回同行してくれなければ、この観察は味気ないものになったと思う。

e0029553_23243669.jpg
沖へ出ること40分。陸地が遥かかなたに見える。水平線。「とうさん、地球は丸かったわけで。」「でも、ちょっぴり不安な気持ちにもなるわけで。」ココロの中で、今日の僕はなぜかジュンになっていた。
漁師さんが、「こんな凪ぎは滅多にないよぉ。」と、岩城晃一風に微笑みながら爽やかに語った。このとき4人ともココロの中で”それはオレの日頃の行いが良いからだ”と思った(はず)。

「鳥が少ないね」H博士は、揺れる船の上で遠くの水平線を舐めるように双眼鏡でサーチしながら、僕に呟いた。「そうですね、普段この海域は”突きん棒漁”の船が広く展開していて、そのときは漁船の周りにオオミズナギドリやカモメ類が群がってくるんです。でも、今日は日曜日。漁船が鳥を呼ぶ。この法則からは、生憎外れてしまっていることが原因でしょう!」・・・と、英語で言いたかったんだけど、当然そんな語彙力が無いから、「そうです。この辺は全然鳥が見当たりません。」としか言えなかった。全然言いたいことと反対のことを言ってしまった。まるで好きな女の子に嫌いだと言ってしまう小学生のようだった(ちょっと違うけど)。
e0029553_0165292.jpg
H博士は、目の観察者だった。それもあんなに目の利くバードウォッチャーを僕は今まで見たことが無かった。遥かかなたの点を見つけると、即座に種類が分かった。あのゴマ粒で種類が分かるのは、飛び方や体色の見え具合からの識別点が、しっかり頭に入っていることを意味している。目の情報から、種名を口に出すまでのレスポンスの速さで経験が分かる。H博士はプロだ!紛れも無く超プロ!車で言えば、緑ナンバーだ。
ちなみに僕は、海鳥なんてキチンと見た経験が無いに等しい。双眼鏡でじっくり見て、”ココがコウで~、・・・コレがコウ。”と記憶して、忘れないうちに図鑑をパラパラ・・・。でも、海鳥のページはあんまり読み込んでいないから、”アレ?どのページだっけ?”と焦っているうちに、さっき覚えた特徴を忘れてしまう(T T)。このパターンが、数回あった。典型的な初心者です。車で言えば、若葉マーク。。
もう一つの観察者は、”耳の観察者”。
森や川原を歩きながら、鳥の鳴き声で居場所や種類を識別する。
でも、海鳥の観察者は、やっぱり目の観察者だった。それも凄腕の。感動した。

e0029553_0265585.jpg
さて、この船で僕は、鳥を呼び寄せる餌を作る役目を仰せつかっていた。
前日用意したサンマ、ナンプラーは、そのためのものだ。
”解凍サンマをナイロン網に入れて、上から木槌でガンガンガンガン叩く。そして、キュッと縛って沈まないようにブイにくくりつけて海に落とすと、しばらくして鳥がやってくるってぇ寸法よ!”
”するってぇと、アレかい?ナンプラーは、サンマの油に付け加えるスパイスみてぇな役割てぇことだな!”
”お、分かってるねぇ。そういうこと!”
半信半疑な僕。Sさんは、そういう話を聞いたことがあると、僕に教えてくれた。この作業のせいで、手が臭くなってしまって写真を撮る頻度がガクッと落ちてしまった。まぁ仕方がないけど。。

この作業の途中で、少しはなれた海上にサメのようなヒレが浮かんでは沈んでいた。
僕は、最初に見たとき”え!やだな~”って思ったけど、H博士はすぐに「Oh,SunFish!]って教えてくれた。サンフィッシュは、まんぼうくんのこと(^^)。途端に僕は明るくなった。先生は、続いてサンフィッシュについて、いろいろ教えてくれた。「これはね、とてもキュートな魚でね、世界的には数がとっても少ないんだ。だから、保護の網を掛けている魚なんだよ・・・」

好事、魔多し。
・・・このとき、事件が起こった。
e0029553_0522420.gif


More
[PR]
2006年 06月 25日 |
e0029553_19242382.jpg

サメかと思って一瞬ヒヤッとした。
カマイルカかネズミイルカ(先生が”porpoises!”っていったような気がするから、ネズミイルカかな?)。
岩手県沿岸では、沖に行くとこれが多いと船頭さんに聞いた。
30頭くらいの大群に会ったけど、とりあえずこの写真が一番まともだった(^^;。

続きは後ほど~。
疲れたんで寝ます(^^;。
[PR]
by bigbirdman | 2006-06-25 19:26 | 小旅行 |
2006年 06月 24日 |
明日の予定が決まった。
朝7:30。出港。
沖へ向かいながら、鳥を誘引するための餌作り。
鉈。OK。
まな板用ベニヤ板。OK。
ナンプラー。OK。
サンマ20kg。OK。
デジカメ。OK。
エチケット袋(嫌だなぁ)。OK。

14:00。観察して、帰ってくる。

冒険の続きは明日以降。
ワクワクと怖いが半分半分。

僕の目標。
(何故か)イルカの写真!
[PR]
2006年 06月 24日 |
外国人の鳥の先生と船に乗って鳥の調査をする計画が、どうやら実行できそうだ。
通訳兼ガイドの女性の人に、
「どんな先生なのですか?」
て聞いたら、
「鳥以外の一般観光には全く興味が無い人です。もうね、ただのおっさんですよ、キャハハ!」
だって(笑)。

分かる(^^;。。鳥屋さんってそんなもんかも。

船に乗るのは、今月初めの結婚式の2次会で観光船に乗ったから、そんなに久しぶりじゃない。けど、小さな漁船とかで、岸壁からヨイショとしょぼい甲板に降りていく時はいつもワクワクする!
e0029553_850684.jpg

(↑こういうゴムボートでもワクワクする)

エンジンの振動を感じながら波を切って進んでゆく瞬間、
僕は毎回北島三郎「まつり」にたいへんよく似た創作の曲がココロの中に流れてくる。
そして、波に揺られながらひとりで込み上げている(←アホ)。

天気が良いとうれしいなぁ。
残るは、その先生がお酒を飲むかどうかだ。なんちゃって。

ちがうちがう。今日は結婚式に呼ばれているから、自分が飲み過ぎないようにしなくてはいけないんだった!危険だゾ・・・自分!
[PR]
by bigbirdman | 2006-06-24 08:51 | 独り言 |
2006年 06月 23日 |
e0029553_8374631.jpg

蒸気増し、空潤う
潤いに満ちた、梅雨の蒸気大気を
夏の太陽は、一気に晴れやかに昇華せしめる
人の悩みや成長にも、よく似たところがあるのかな
[PR]
by bigbirdman | 2006-06-23 08:37 |